レンズのしずく

LAVITA'S WEDDINNG Movie&Photo tales

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピュアな心を取り戻す山旅~➂

ご無沙汰しております、Oっちゃんです。
しばらく放置の山の話いきます。
2187.jpg
のんびりゆったりお昼ごはんを食べた私たちは
この青空に負けない、すっきりした気持ちで山を下り始めました。
ピュアな心を取り戻してるのが伝わってくる後ろ姿、素敵です。




2205.jpg
Mっちゃんも、真っ新な心で紅葉を見つめています。




2214.jpg
ただ、ひとつ。
とんでもない失敗をした人がいました。
山岳カメラマンひろひろが、カメラ持ってくるの忘れたんです!
Σ(゚Д゚)
私は只々びっくりしましたが、本人はさぞかし悔しかったことでしょう。
どんまいです。




1244.jpg
地味な色合いが好きな4人ですね。
来年もまた仲良く、いろんな山に登りましょう。



そうそう!この日、モミの木の枝が落ちてて拾って帰ったんですが
クリスマス飾りに活躍中です。

   Merry Christmas

| 山の話 | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピュアな心を取り戻す山旅~②

1232.jpg
素晴らしい景色です。




2155_201711241851351e8.jpg
防寒準備ばっちりでしたが、何も必要ない快適な温度でした。
ここは山頂ですが、昼食会場はまだ先です。




2163.jpg
ゆるやかに登ってきましたが、まさかの急な下りが待っていました。
これまでの山登りで、一番長く急な気がします。




2167.jpg
そしてまた出た!
仲良し男子三人ショット。 だんご三兄弟みたい。
女子ひとりを置いて行く、薄情な三人でもあります。




2179.jpg
でも何の気兼ねもなく、自分のペースで歩いたり
写真撮ったりできるのはいいですね。
だんご三兄弟も、必ずどこかで待ってくれますし。


~続く~

| 山の話 | 19:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピュアな心を取り戻す山旅~①

2077.jpg
こんにちは、Oっちゃんです。
体調が万全でないのに山登りに行ってきました。




1213-1.jpg
初めての天狗塚です。
そして久々の晴天です。




2126.jpg
この広い山でくっついて歩く男子三人。
そんなに仲良しだったとは…。
まだまだ知らないことだらけだな~。




2137.jpg
あのとんがりが天狗塚の山頂です。
遠くても体調不良でも、頑張れそうです。




2144.jpg
振り返ってみても素晴らしい景色です。
あぁ、来て良かった。




1221.jpg
~続く~



| 山の話 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドーピング登山

6080038.jpg
2016年6月8日 平家平へ

天候の不安を口にしながら登る準備をしていたら、怪物くんが突然
「ドーピングする?」と皆に言いました。

「これ飲んだら楽に登れる」らしく
今までの無敵の理由があっさり判明したわけです。
試しにひとつ頂き、登ってみました。




6080053.jpg
天然うるおいミストでお肌しっとり、体の中はアミノ酸(ドーピング)がいきわたり
無敵の山登りを実感しました。






6080077.jpg
ギンリョウソウがあちこち咲いてましたが、みなしっとり美しかったです。





6080076.jpg
ひろひろも夢中になって撮っていました。




5654.jpg
初めての平家平、天気が良ければ絶叫したに違いないけれど
見渡す限りグレーです。




5658.jpg
でも私、ごきげんで登頂しました。
怪物くんに続いて2位とは驚きです。
ドーピング効果でしょうね、足がずっと軽かったですもん。




031-1.jpg
その後一瞬見えた青空に、その気になって冠山まで足をのばしました。




6080101.jpg
が、しっとりどころのお天気ではなくなってきました。
そして、Mっちゃんも膝に不安を感じはじめました。




5692.jpg
雨の中、木の下でごはんです。
お湯を沸かしているうちに、何かをササッと食べたMっちゃんは
これまたササッと片付け、下山をはじめました。




5695.jpg
下りに時間がかかるので、先に下り始めたMっちゃんでしたが
私たちはすぐに追いつきました。
膝の痛みが本格的にやってきたようです。
涙の三嶺を思い出します。
一歩一歩に時間がかかり、見るのもつらい状況になってきました。
雨も無情に本降りとなり、とうとう私たちはMっちゃんを見捨てました。




5712.jpg
そして、どのくらい待ったでしょうか。
痛みと戦ったMちゃんがガスの中から現れました。
雄姿に涙と拍手喝采です。


よく頑張った!を贈り、ドーピング登山これにて終了いたします。



Merry Christmas♪
Oっちゃんでした

| 山の話 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安心安全の里山散策 筆山ルート篇

筆山コース02
Mっちゃんです。

高知市のど真ん中。
安心安全の南嶺登山(筆山ルート)のご紹介です。
今日は鷲尾山まで登ります。

スタートは筆山の駐車場。山頂の駐車場ではなく
ひとつ下のトイレがある方の駐車場です。

お墓の真ん中を突き進んで行きます。


筆山コース03
10分ほど進むと別れ道があります。
右は皿ヶ峰という小高い山に登ります。
左は迂回路です。今日は迂回路を進みます。


筆山コース04
迂回路から観る景色もなかなかのものです。
奥に見えるのは五台山です。


筆山コース05
少しすすむとさっきの皿ヶ峰から下りてきた道と合流します。
ここにあるのが通称『ライオン岩』です。
筆山コース06
岩を通り過ぎて振り返ってみると、ライオンに見えるような気がします。


筆山コース07
5分ほど進むと分岐点があります。
意外とここで間違える人が多いそうです。
冷静に素直な気持ちで矢印に従いましょう。
右に進みます!


筆山コース08
不可解な立て札が目に飛び込んできますが
気にせず進みましょう。


筆山コース09
落ち葉をサクサク踏みながら歩く感触がたまりません!


筆山コース10
またすぐに分岐点です。
あわてず平らな心で矢印に従いましょう。
左です!


筆山コース11
しばらく進むと道路に出ます。登山道に横断歩道があるとは!
ここは土佐塾中・高校です。校舎右(西)側を迂回するような感じで進みます。


筆山コース12
とうとう鷲尾山の本体に取り付きました。
また分岐点です。まっすぐ進みましょう。
分岐のすぐ先で『険しいコース』と『優しいコース』を選べる分岐があります。
せっかくここまで来たので『険しいコース』を進みましょう!


筆山コース13
あとは道なりです。
鷲尾山までまだ2ヶ所分岐がありますが、間違えることはないはずです。
今まで通り素直な気持ちで矢印に従いましょう。


筆山コース14
鷲尾山に到着です!スタートから1時間20分くらいでしょうか。
まあ、競走ではないのでゆっくり安全に進みましょう。
奥に見える塔が立っている山は烏帽子山です。

鷲尾山はとても登りやすく優しい山です。
また見晴らしも良いのでたくさんの人たちが登ってきます。
南向きの山なので冬はほとんど風の影響を受けず、とても暖かいです。

次回は反対(烏帽子山)側から登ってみましょう!


高知県 ブログランキングへ

| 山の話 | 17:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT